School Sucks

I’ve been trying, but I honestly have no time to work on another chapter. I’ll try to get one up by Saturday. Sorry I haven’t been able to post a chapter but I’ve had 2 tests and several projects to study for/work on so I haven’t found much time to fit it in somewhere. But, here’s some pictures to hopefully make you laugh.

76ab7f63-1542-45fd-b3ff-a2a1747fe97b210all-hail-amp-039-murica_o_2124105emergency-12funny-surprise-ending-mcdonaldsfunny-surprise-ending-glassestwi-comics-3VwAwX

Le Festin de Vampire Chapter 30

Here`s another chapter. Sorry for the errors, feel free to mention and/or correct them in the comments.

The qualifying tournament is at an end. On this day, the finals for the tournament begin.

闘技大会の予選が終わり、次の日の朝。この日からは決勝のトーナメントが始まる。

[Aria-san, good morning!]
「アリアさん、おはようございます!」

[Good morning Fian……oh, I’m a little anemic……]
「フィアおはよ……あ、ちょっと貧血気味だわ……」

Alysia that came from bed, immediatly complained about anemia. It was because Nadia had sucked her blood before going to bed last night. Of course Alysia also sucked Nadia’s blood to get revenge.

Looking at Alysia collapse onto the sofa, Fian did not know that Alysia wasn’t injured from yesterday’s qualifying match.
 ベッドから起き出して来たアレイシアは、何故か早速貧血を訴える。それもその筈、昨日の夜寝る前にナディアに血を吸われてしまったからだ。勿論アレイシアも、仕返しと言わんばかりにナディアの血を吸ったのだが。
 ソファに倒れ込むアレイシアの様子を見て、この事を知らないフィアンは、アリアは昨日の予選で血を流す怪我なんてしたっけと考える。

Fian viewed from the side without having to worry, as Alysia was hugging Auras that had been sleeping on the couch.

Auras and Alysia were parent and child, but they were vampires. From a human standpoint, Auras’ height was that of a child. If you look close enough, although their hair colours are different, you’ll notice similar features.
 横から見ているフィアンを全く気にせずに、アレイシアはソファで寝ていたオーラスに抱き付いた。
 オーラスとアレイシアは親子の関係だが、吸血鬼という種族上、老化が他の種族に比べて圧倒的に遅いため、寝ている二人は兄妹にしか見えない。人間からすれば、オーラスの身長もまだ子供という範囲だからだ。よくよく見れば、髪の色こそ違うものの、顔立ちがどこか似ているという事に気が付くだろう。

After a short time, Nadia came with a change of clothes. Alysia headed to the next room after getting changed with Fian. Speaking of why, they were invited to breakfast by Sheriana and Claire.

By the way, Alysia as usual had her sword and grimoire.
 それから暫くして、やっと起きて来たナディアとオーラス、着替えを済ませたフィアンと共に、隣の部屋へとアレイシアは向かう。何故かといえば、シェリアナとクレアも誘って朝食を食べに行くためだ。
 ちなみにアレイシアはいつも通り、刀と魔導書を持っている。

– Kokokon~tsu!
 ——コココンッ!

Alysia lightly knocked on the door.
 アレイシアは扉を軽く爪で叩く。

Several seconds of silence.

……however, nothing happens.
 数秒の沈黙。
 ……しかし、何も起こらない。

[Are they still sleaping?]
「まだ寝てるんでしょうか?」

[So be it……It would be bad waking up Sheriana and Claire in the morning.]
「そうかもね……案外セリアとクレアって朝の寝起き悪いから」

[Should we go somewhere else?]
「もう先に行っちゃいましょうか?」

[You’re right. Firstly……]
「そうね。一応先に……」

– Gacha~tsu! Ban~tsu! !
 ——ガチャッ! バンッ!!

[The moment Alysia said so, the door was vigorously opened at a speed you would think it would have broken at. After the door being opened so suddenly, Fian and Nadia made a sound of surprise. Alysia and Auras, however, were not fazed at all.
 アレイシアがそう言った瞬間、扉が勢い良く、それこそ壊れてしまうのではないかと思う程の速度で開いた。突然の事に、フィアンとナディアは驚いてその場を後ずさってしまう。この時、アレイシアとオーラスは全く動じなかった。

[I’m sorry! I overslept!]
「ごめんっ! 寝坊しちゃった!」

The figure of Sheriana in her sleepwear emerged from her room. The blonde hair usually always in a ponytail, was painfully disturbing as bed hair.
 部屋から現れたのは寝間着姿のシェリアナ。いつもは一つに纏められている金髪が、寝癖で痛々しい程に乱れている。

[The door broke? ……I know, here.]
「扉、壊れるわよ? ……ほら、うしろ」

[Huh?]
「え?」

Alysia was told, as Sheriana confirms the back of the door. There, in the white walls was a dent where the doorknob hits. It was unclear whether high vampire ability was better or not.
 そう言われたシェリアナは、扉の後ろを確認する。そこにあったのは、丁度ドアノブが当たる場所に大きな窪みができた白い壁だった。吸血鬼がいかに高い身体能力を持っているかが良く分かるだろう。

[Ah……In what way do I……]
「あぁぁ……どうしよ……」

[Well, that’ll have to wait. Get dressed and we’ll head to breakfast.]
「ま、仕方が無いわね。着替えて朝食に行きましょ」

[……Yes!]
「……はいっ!」

Then, after they had finished dressing Sheriana arranged her hair and they went towards the restaurant together.
 その後、既に着替え終わっていたクレアが四人の中に入り、髪を整えたシェリアナも一緒にレストランへと向かって行った。

………….
 …………。

[School Paper! Coverage of Alysia’s enthusiasm in today’s finals!]
「あの、学園紙の取材です! アレイシアさん、今日の本戦での意気込みをどうぞ!」

[There was a match today? 32 People, 16 games will be carried out in two days.]

(TL: I’m not sure)
「私が今日出ると決まった訳じゃないわよ? 三十二人分、十六試合を二日に分けて行うんだから」

[Oh……I was true to think so, thank you for your enthusiasm!]
「あ……そ、そういえばそうでしたけど、意気込みをお願いします!」

When Alysia came to the restaurant, the school reporter immediatly came up to her.

Except for Nadia and Auras, 5 people immediatly left the area. Alysia’s friends didn’t want to be interviewed.
 レストランに来たアレイシアは、早速学園紙記者の取材を喰らってしまった。
 すぐ後ろにいた筈の五人は、ナディアとオーラスを除いてその場を離れている。友達だからと言って、取材をされたく無いからだろう。

[Well, it’s about time……I’m still waiting for my breakfast.]
「じゃ、私はそろそろ……朝食がまだだしね」


[Oh, oh……please, wait! Who are the two behind you!?]
「あ、あぁ……待って、待って下さい! 後ろの二人は誰ですか!?」

[My mother and Father.]
「私の母様と父様よ」

[Ah, do you have a little time……to talk……]
「あ、少し話を……ダメかぁ……」

The reporter wanted to pull out the two behind Alysia, but he realized no more coverage was possible. Then, they set out for where the tournament was carried out.

(TL: I’m not sure what 取材が無理なら、戦っている所を見ようと思ったからである means)

 取材の男は、遊園地で親を急かす様に二人の手を引くアレイシアを見て、これ以上の取材じょうほうしゅうしゅうは無理だと悟った。そして、トーナメントが行なわれる闘技場へと足を運ぶ。取材が無理なら、戦っている所を見ようと思ったからである。

—We didn’t get interviewes in the qualifyers yesterday. What is……
 ———昨日の予選は他の取材があって行けませんでしたからね。本戦こそは……

In the fourth arena, 32 participants were arranged. Standing at the back left was Alysia
 第四闘技場の中央に、予選で勝ち残った三十二人の選手が並んでいる。一番後ろの一番左に立っているのがアレイシアだ。

[Today, we have qualifying matches for March 3 to March 6 until the World Cup. 32 people today, with two groups of 16, 8 will be selected.]
『予選を勝ち抜いた皆さん、本日三月三日から三月六日まで、闘技大会の本戦が行われます! 三十二人が二人ずつ戦い、今日は十六人の中から八人が選ばれる予定です』

As the presentor said so, cheers rose up from the audience.

When Alysia looked to the right, [Win! Alysia-San!!] the men of her fan club held a board that said what was reflected in their eyes.
 司会の人がそう言うだけで、観客席から歓声が上がる。
 アレイシアが右側に目を向けると、『優勝! アレイシア様!!』と書かれた大きなボードを掲げたファンクラブの男子共が目に映った気がした。

—That’s right, it’s all in my head. I’m halucinating……it’s my imagination……
 ———そうよ、あれはあくまでも気のせいね。気のせい……気のせいなのよ……

Some things at the end of the field were negative, Alysia directed her eyes towards the moderator.
 視界の端に映ったあるモノを全否定し、アレイシアは司会の方へと目を向ける。

[Today’s fight will determine which 16 of you move on, everything has been prepared. Look here!!]
『問題はどうやって今日戦う十六人を決めるかですが、それに関しては既にトーナメント表を作ってあります。こちらに注目!!』
There were seats around the arena for the audience. Under the stage the moderator was using, was a blackboard, which was similar to what was used in classrooms. In consideration of the far away audience, it was larger than what was used in classrooms.
  闘技場の円形の観客席。そこの一角、司会者が立っている段の下に、授業でも使われている板ブラックボードが運び込まれて来た。遠くにいる観客への配慮なのか、普段使用している板よりもかなり大きい物の様だ。

[Here’s the first half of the first day of the tournament, the second half is scheduled for the second day!]
『ここに描かれたトーナメント表の左半分が一日目、右半分が二日目を予定している分となっております!』

Alysia was in the very back, to determine the arena and start with good visuals of it.
 アレイシアは列の一番後ろに居ながらも、板に描かれたトーナメント表を高い視力で確認する。

—-The first round of the first day……!?
 ———一日目の一戦目……って!?

Looking for her, Alysia is immediatly found in the far left of the arena. Smally written is the first round.
 探してみればすぐに、表の一番左端にアレイシアの名前が見つかった。その下には小さく『一戦目』と書かれている。

[Players in the waiting room, begin preparing. The first round of the tournament starts immediatly!]
『では、選手の皆さんは待合室に戻って、準備を始めておいて下さい。第一回戦の一戦目はこれからすぐに始まります!』

Then, Alysia in the waiting room wondered what to prepare.
 その後、心の準備が全く出来ていないアレイシアは、待合室の出入り口付近に立ち、どうしたものかと頭を悩ますのであった。

In the front row of the audience, in the seats opposite to the moderator, were five people, including Alysia’s parents. Claire is talking to Nadia and pointing towards the arena.
 観客席の最前列、司会の丁度向かい側に当たる席に、アレイシアの両親含め五人が座っていた。クレアは板の方を指差し、ナディアに話し掛けている。

[Nadia, do you see that?]
「ナディアさん、あの板を見る事は出来ますか?」

[Wow. Aria-chan’s in the first round.]
「出来るわよ。アリアちゃんが一戦目になったみたいね」

[You’re right, Alysia came out……!]
「本当だ、早速アレイシアが出て来る……!」

[I see too. The one on the far left is Aria.]
「私も見える。一番左にアリアの名前があるわ」

Nadia, Auras, and Sheriana said, but they could read what was written on the board, even from this distance. A hundred thermes (25m) or more could be a distance the three could read from in this location, Fian and Claire were a little jealous.
 ナディアとオーラス、シェリアナは、この距離からでも板に書いてある事が読める様だ。百テルム(二十五メートル)以上も離れた場所から細かい文字を読む事が出来る三人を、フィアンとクレアは少し羨ましく思ってしまうのであった。

[The first round begins……! Let’s cheer!!]
「一戦目……! 応援しましょう!!」

[Of course, I would have done so anyways!]
「勿論、言われずともね!」

The five people, hear the broadcast using wind magic to announce the beginning of the first round as they look to the center of the arena. Just as Alysia emerges from the doorway.
 そして五人は、一戦目が始まるという風魔法の放送を聞き、闘技場中央へと目を向ける。それは丁度、アレイシアが出入り口から出て来る所であった。

Le Festin de Vampire Chapter 29

Feel free to mention and/or correct any errors in the comments. Without further delay, ladies and gentlemen, the 29th chapter of Le Festin de Vampire!

From the left side came a large sword covered in flames. Alysia momentarily squatted, mowing down one foot of the swordsman. In a state with one foot, with one on the ground. Of course he was going to fall unbalanced.

右側から勢い良く迫って来る、巨大な炎を纏った大剣。アレイシアはそれを咄嗟にしゃがんでかわし、相手の地についている方の足を刀で薙ぎ払う。片方の足が浮かんだ状態で、地についたもう一方の足が離れたらどうなるか。当然、バランスを崩して転ぶ事になるだろう。

[Ugh!?]

「うをっ!?」

– – – -The sound of water!

———ドザザーッ!

It fell down and hit his neck, momentarily releasing magic. By itself, to disturb their magic, it is possible to stun an opponent.

転んだ男の首筋に左手を当て、極微量の魔力を瞬間的に放つ。ただそれだけで、体内の魔力をかき乱し、相手を気絶させる事が出来る。

After he was stunned, I look to the two men who came from the side. Among them, one opened a magic manual, I had to activate the drawn magic square.

気絶させた男をそのままにし、横から向かって来た二人の男に目を向ける。その内一人は魔導書を開き、描かれた魔方陣を発動していた。

[…Fireball!]
「……っ、火球!」

It emmited a number of fireballs next to Alysia, it hits a few players who stood behind. The original aim was to gain time, Alysia kicked aman who was next to the one that evaded a fireball.
 放たれたいくつもの火球はアレイシアのすぐ横を掠め、後ろに立っていた選手数人に当たる。元々の狙いは自分だけでは無かったのかと安堵したその時、火球を放って来た男の隣に居たもう一人の男にアレイシアは蹴り飛ばされた。

[She flies!……flies……a weak maiden, and what a kick……!!]
「うぁっ! ……ぁ……か弱い乙女を、蹴り飛ばすなんて……!!」


[No, no……you, are absolutely not weak……]
「いやいや……お前、絶対か弱くないだろ……」

Said the man as he drew his sword up from his waist and swung down towards Alysia. The sword went straight down in a flash, however, the sword went throught the air without hitting Alysia.
 そう言った男は腰に下げた剣を抜き、アレイシアに向かって振り下ろす。
 直線的で何の捻りも無い剣の一閃はしかし、アレイシアに当たる事無く宙を斬る。

[This……!!]
「ならこれで……!!」

[Yes, a chance!]
「隙ありっ!」

In an attempt to block the next attack, he swung the sword diagonally out of luck. Alysia approached as the man was defensless and used wind magic at close range.
 次の攻撃を放とうと、剣を斜め後ろに振り上げたが運の尽き。
 アレイシアは全くの無防備になった体の前面に近付き、至近距離の風魔法を打ち込んだ。

Bu~owa~a~tsu! !
 ブォワァッ!!

[Uwaaa~tsu!?]
「うわぁぁっ!?」

The man hit by wind magic is blown away, it hit the wall of the arena with a loud sound. For this reason, there is no roof on the arena. Alysia shuddered to think that it might have been the worst home run if the wind magic was used diagonally.
 風魔法に当たった男はそのまま吹き飛ばされ、大きな音と共に闘技場の壁にぶつかった。この闘技場には屋根が無いため、斜め上に魔法を放っていたら最悪ホームランだったかもしれないとアレイシアは考え身震いする。

[There are ten players left, after two more are eliminated, the remaining competitors for the final tournament are determined!!]
『さぁ、今ので残りが十人になりました! あと二人が脱落すれば、その時点で残った選手の決勝トーナメント進出が決まります!!』
The players who hear the broadcast probably thought the same thing. —We should beat two of the strongest to win.
 その放送を聞いた選手は皆、大体同じ事を考えた。———弱そうな奴を順番に二人倒せばいいと。

But one person, Alysia, was different.
 だが、アレイシア一人は違った。

–The guy that aimed at me, I defeated two in order!
 ——私を狙って来た奴を、順番に二人返り討ちにすればいい!

Six people were coming towards Alysia. I was all that Alysia had assumed.

Two oppenents to be defeated. 6 from the people who were bullying, how to face a variety of men attacking and two people trying to get away.
 アレイシアの方へと周囲の選手六人が向かって来る。それは全く、アレイシアが想定していた事と同じだった。
 倒すべき相手は二人。そこでアレイシアは、六人の中から如何にも弱い者いじめをする様な表情の男を二人選び、取り合えず攻撃をしてみる事にした。

[Water Sphere!]
「水球!」

[…… No! Magic!?]
「……んぉ! もごぁっ!?」

[Therefore!? Gobo, Gobopo ……”]
「がっ!? ごぼ、ごぼぽ……」

Once the water magic had fired, two men fell without being able to breathe. Alysia thought the situation was terrible, and I think it was because—
 水魔法を頭部周辺に発動したら、男二人は息が出来ずにその場に倒れこんでしまった。その様子にアレイシアは、自身が行った事ながらもこれはひどい、と思うのであった———

The next moment, wind magic broadcasted in the arena, while the entire aduience applauded.
 そして次の瞬間、風魔法の放送がかかり、闘技場の観戦席全体から大きな歓声が上がる。

[It was decided!! The fourth group of finalists are these 8 people! You can excpect more of the black haired girl in the future!]
『決まりましたぁっ!! 第四チームの決勝進出はこの八人です! 黒髪の少女のこれからにも期待できそうだ!』

— Wow A~a~a~a~a! !
 ——ワアアァァァァ!!

[……Separately, you do not have to excpect.]
「……別に、期待しなくてもいいわよ」

She murmured, Alysia then went back to the waiting room in the arena. If anything, why don’t I just run out of there. Now the broadcasted fan club are making a mess out of it, and I thought it was great.
 そう呟いて、アレイシアはすぐに闘技場から待合室へと戻って行った。何故すぐにその場を離れたのかといえば、今の放送でファンクラブの人達が騒ぎ出したら大変だと思ったからである。

After that, to avoid people flocking Alysia she left the waiting room to meet Fian and the others. Sheriana hugged Alysia when they saw her. Nadia, watching them, had a lovely smile.
 その後、待合室から出たアレイシアは、周囲に群がる人を避け、すぐにフィアン達と合流する事が出来た。
 アレイシアの姿を見るなりすぐに抱き付くシェリアナ。そんな二人の様子を、ナディアは微笑ましく見守っていた。

After that, the broadcast of the arena tournament qualifying end was time consuming, Alysia and the three went back to the dorm room. I behind the three people, were with Nadia and Auras when we arrived.
 その後、闘技大会予選終了の放送がかかり、アレイシアと三人は寮室へと戻って行った。そんな三人の後ろを、ナディアとオーラスが着いて行く。

According to Auras, a letter about Alysia came from the school about her participating in the tournament. Because they came to school without preparing, they had not decided to stay at and inn. As such the three people were consulted. Alysia in this regared, was accepted for some reason by the three people willingly.

Speaking of which, it seems Sheriana says, [Because it’s Aria’s parents]. As it were from her, that isn’t the reason, but the first thing to do is to return to the dormitory.
 オーラスの話によれば、学園からアレイシアが闘技大会に出場すると書かれた手紙が送られて来たという。それからすぐに支度して学園に来たため、泊まる宿については何も考えていないとの事だった。だから、寮の部屋に泊めてくれないか、と三人は相談されたのである。この事に関してアレイシアは勿論、何故か三人も快く承諾した。
 何故かと言えば、シェリアナ曰く『アリアの両親だから』だそうだ。本人からしてみれば、理由になっていないと言いたくなる所だが、一先ずは寮に帰る事にしたのである。

[This is my room where I live with Fian. Here, it’s next to Sheria and Claire’s room.]
「ここが私の部屋で、フィアと一緒に住んでるのよ。ここ、隣にあるのがセリアとクレアの部屋」

[Wow……it really is beautiful in this school’s dormitory. If you look in the hallway the carpet is scarlet. Fufu~tsu, I was relieved.
「へぇ……この学園の寮ってすごく綺麗ね。廊下はどこ見ても紅いカーペットだし。……ふふっ、安心したわ」

[So……school ID card. This is what opened the door and is it’s key.]
「それで……学園証。これが鍵にもなって扉を開けられるわ」

Alysia takes her school ID from her bosom and used it to open th door. The door opens with the Kacha~tsu and light sound, six people entered into the room.
 アレイシアは懐から学園証を取り出し、扉の右の穴に差し込んだ。カチャッと軽い音と共に扉が開き、六人は部屋の中へと入って行った。

Alysia entered the room with Nadia and Auras. Fian, Sheriana, and Claire immediately have a chat next door.
 アレイシアは寮室に買い貯めてあったアテを淹れ、ナディアとオーラスの前に置く。フィアンとシェリアナ、クレアも、すぐ隣で雑談をしている。

[My, Aria-chan made friends. Three people even, above all it’s fun.]
「ね、アリアちゃん。三人も友達が出来ちゃって、楽しそうで何よりだわ」

[……Aria, did the bloodsucking urge occur up until now?]
「……所でアリア、今までで吸血衝動って起きなかった?」
Nadia was relieved seeing the state of Alysia at school, and sank deeper into the sofa. Auras was quite worried about Alysia, looking towards the still Alysia with his mouth closed.

The answerer to the anxious look of Auras was Sheriana who was eating a wax claire of elf ears.

(TL:…wait, what?)
 学園でのアレイシアの様子にナディアは安心したのか、ソファにより深く腰掛けアテを少し口に含んだ。それに対しオーラスは、アレイシアをかなり心配しているのか、アテを口に運ぶ事もせずにじっとアレイシアの方を見ている。
 心配そうな表情のオーラスに答えたのは、クレアのエルフ耳を弄くっていたシェリアナだった。

[Oh, for the blood sucking impulse, when I was tempted to suck blood we resolved it through us sucking each other’s.]
「あ、吸血衝動については私が…………血を吸いたくなった時に、互いの血を吸い合う事で万事解決としてるわ」

Do so, it’s good peace of mind.]
「そうか、なら安心だ……よかった」

[You two sucked each other’s blood?]
「二人共、互いに血を吸った事があるの?」

Nadia said so. Alysia and Sheriana immediately replied to that question.
 そう言うのはナディア。アレイシアとシェリアナは、その事問いに対して即座にこう答えた。

[Yeah. Aria’s blood is really delicious!]
「うん。アリアの血はすごく美味しい!」

[It’s a good feeling to bury your face into each other’s neck.]
「互いの首に顔をうずめる感じでね」

[……Oh, Aria-chan’s blood, I want to try some.]
「……あ、どうしよ。アリアちゃんの血、私も吸ってみたくなっちゃったわ」

[……Now I want some too!
「……今はダメっ!」

After today, it was decided that Alyshia and Nadia would go to bed together. Auras, who was on the couch, was left alone. Auras on the couch decided to go to sleep, he wasn’t about to go to the bed and sleep with the women.
 この日は結局、アレイシアとナディアが一緒に寝る事となった。オーラスは何故か、ソファで寝ると自分から言い出したため、そのままにしておいた。
 ……オーラスがソファで寝ると言い出したのは、誰と寝ようが女子と添い寝をする事になってしまう、というのが理由だとは誰も思わなかっただろう。

That night, in Alysia’s room—
 その夜、アレイシアの部屋にて———

……Putsu~tsu

(TL: Probably the sound of sucking blood)
 ……プツッ

[……Really delicious!]
「ん……本当に美味しいわ!」

[……Mother, stop……]
「ぁ……母様、やめた方が……」

The bloodsucking act of a mother and child started a digression.

(TL: not sure)
 親子二人の吸血行為が繰り広げられたというのは余談である。

Le Festin de Vampire Chapter 28

There may be some errors, feel free to correct me in the comments.

On the second day of the qualifying tournament competition. Alysia, together with Claire checked out their equipement (clothes) in the dormitory.

This is the second day. Alysia joined the fourth group, that is qualifying the second day. The day before, the first and second groups have already been completed. Out of 32 people 16 finalists are already determined.

闘技大会予選の当日二日目。アレイシアは寮室で、クレアと共に装備の確認を行っていた。
 何故二日目なのかというと、アレイシアは第四チーム、つまり予選二日目の部に入ったからである。前日既に、第一チームと第二チームは終了しており、決勝進出の三十二人中十六人は既に決定しているのであった。

Fian and Sheriana aren’t here, they will have to get a spectator’s seat in the arena. To see Alysia, they took the front row seats.

この場に居ないフィアンとシェリアナは、闘技場の観戦席を取ろうと必至になっている様である。アレイシアの様子を見るため、一番前の席を取りたいそうであった。

Alysia placed the Grimoire that was in her hands on the desk and checked her appearance in a mirror. Her clothes before going to the Imperial City were a scarlet dress she purchased in the school district. A belt around her waist and a sheathe fixed to her left side.

手に持った魔導書を机の上に置いたアレイシアは、鏡に映った己の姿を上から下まで細かく見て行く。
 彼女の服装は王都に行く前、学園街で購入した緋色の服に、対魔法の魔法陣を裏に描いた物であった。腰にはベルトが巻かれ、左側には鞘が固定されている。

[……Okay, the preparations are done]

「……よし、これで準備は大丈夫」

[Good Luck!]

「頑張って来て下さいね!」

[Of course. I’ve gone to so much trouble to participate!]

「勿論よ。折角出場するからには……ね!」

Alysia said so, then she wrote in her Grimoire, and walked to the door. She left after being hurried by Claire.

アレイシアはそう言うと、魔導書を再び手に取り、玄関の扉へと歩いて行く。クレアも急いでその後を着いて行った。

Alysia and Clarie left the dorm, we had come to the largest of 4 arenas.

If your looked around, people, people, people, incidentally beast people and elf children. From every country, every tribe had gathered in this school. It seems the students parents have come to the school as well, many of the students have been asked to participate in the tournament.

 寮を出たアレイシアとクレアは、四つの闘技場の中で最も大きい第四闘技場の前まで来ていた。
 周りを見れば、人、人、人、ついでに獣人、エルフに小人まで。ありとあらゆる国からの、ありとあらゆる種族がこの学園に集まっていた。その中には学園に通う生徒の親などもいると思われるが、娯楽を求めてやって来た者も多くいる事だろう。

[Aria, for now let’s look for Sheria-san and Fian.]

「アリアさん、とりあえずセリアさんとフィアさんを探しましょうか」

[Well. The tournament has yet to begin……]

「そうね。まだ始まるまで二刻も……」

[Aria-Chan!!]

「アリアちゃんっ!!」

[……huh?]

「……え?」

Alysia had hear this voice somewhere before, a nostalgic voice, Alysia was facing that direction instantly. She had certainly heard that voice before, it was Alysia’s mother, Nadia.

Alysia took a final look, and then clung to Nadia.

どこかで聞いたことのある、そして懐かしい様な声に、アレイシアは咄嗟にその方向を向いた。そこに居たのは確かに、アレイシアの母であるナディアだった。
 そこでアレイシアはつい、ナディアに思いっきり抱きついてしまう。

[……Mother……!!]

「……母様……っ!!」

[Oh? Until now there was no reason to come to school……]

「あら? 学園に行くまではこんな事無かったのに……」

Even though Nadia doesn’t know, it has been over a hundred years for Alysia. For this reason, to cry out wasn’t strange. In fact, even with Fian and the others, she had cried when united after 90 years.

勿論ナディアは知らないが、アレイシアにとっては実に百年ぶりの再会なのである。これでは逆に、泣かない方が不思議だった。実際フィアン含め三人に、九十年ぶりに再会した時でさえ泣いてしまったのだから。

[Ah, that……Aria’s?]

「あ、あの……アリアさん?」

[Ah……I wonder if I have shown a strange scene?]

「あ……変な所を見せてしまったかしら?」

With the appearance of Alysia’s mother and the excitement of their reunion, Claire was confused. With that Alysia separated from her mother immediatley.

まさに感動の再会といった二人の様子に、困惑した様に話しかけるクレア。それに反応し、アレイシアはすぐにナディアから離れる。

[……Aria-Chan’s expression?]

「……アリアちゃん、口調変わった?」

[Your expression is a little conflicted. ……is your nickname Aria?]

「口調はちょっと訳ありで。……それよりも、何で私の愛称がアリアだって知っているの?」

[The two people over there told me they were your friends. Moreover, one person’s a vampire.]

「それはね……あそこに居る二人が教えてくれたのよ。仲のいい友達なんでしょ? しかも一人は吸血鬼じゃない」

Turing in the direction Nadia is pointing, there were Fian and Sheriana. There were both looking over and smiling as if they had seen something pleasing.

ナディアが指差す方向に目を向けると、そこにはフィアンとシェリアナの姿があった。二人共こちらを向いて、何やら微笑ましい物でも見守るかの様な表情を浮かべている。

But at the same time, Alysia noticed something serious.

だがそれと同時に、アレイシアにとってはかなり重大な事に気が付いた。

—to face here……? From the time her mother got here……No way mother……!!

———こちらを向いて……? いつから……まさか私が母様に……ッ!!

The two expressions she saw convinced her of her behaviour from earlier. I was seen attached to Nadia.

向こうから見ている二人の表情と、先程の自身の行動から確信する。ナディアに抱き付いた所を見られてしまったと。

Alysia was red with embarressment. I teleported behind the two people.

それからアレイシアは恥ずかしさの余り顔を赤くし、すぐに瞬間移動で二人の背後に移動した。

[You two, what did you see?]

「御二方、一体何を見たのかしら?」

[Awa, I didn’t see anything?]

「ぁわ、私は何も見ていませんですよ?」

[Yeah, that’s right! We didn’t just watch Aria cling to her mom……!!]

「そう、そうよ! アリアがママに抱き付いた所なんて見ていな……!!」

The moment Sheriana said that she regreted doing so. Fian at the same time, was prepared to have her blood sucking to the point of anemia. Essentially, they did not know the kind of person Alysia had become.

シェリアナがそう言った瞬間、何て愚かな事を言ってしまったんだと後悔する。フィアンもそれと同時に、貧血じゃ済まない程度に血を吸われる事を覚悟した。……彼女の中で、アレイシアは一体どういう人物になっているのかは分からないが。

As Alysia is, she would’ve gotten mad at the other two if not for Nadia. Because of this Fian and Sheriana were able to avoid punishment.

そんなアレイシアは、二人に対して怒るでも無くナディアの元へと戻って行く。フィアンとシェリアナは当然、肩透かしを何度も喰らわせられた気分になった。

[For example……? What?]

「え……? 何で?」

[Aria, aren’t you going to do something?]

「アリア、何もしないの?」

[It probably won’t mean anything if I do. ……Or, I wonder if I want to do something?]

「したって何の意味ないでしょ。……それとも、何かされたかったのかしら?」

[Nothing, Why?]

「い、いや、そういう訳じゃ……」

After that was said Nadia looked them over……

 そして、その様子を見たナディアはというと……

[Wow, Aria-chan changed in the two months she’s gone to school.]

「アリアちゃんは学園に来てから二ヶ月で大分変わったのね」

[……Well, I think that’s a compliment.]

「……ま、褒め言葉だと思っておくわ」

No way, to me it’s been over a hundred years in two months. For this matter, it comes down to whether you look at the timing.

まさか、この二ヶ月で百歳以上も歳を取っただなんて、口が裂けても言える筈が無かった。この件については、時期を見て言わなければならない時がいずれ来るだろう。

So Alysia showed the sword on the left side of her waist to Nadia.

そこでアレイシアは、腰の左側に携えた刀をナディアに見せた。

[This sword, we got new ones like this from the teacher of the swordsmanship departement.]

「この武器、剣術科の先生から貰った物なのよ」

[Oh……what an unusual weapon.]

「へぇ……変わった武器ね」

After Alysia unsheathed the blade Nadia was staring at it. Even for weapons there were no others that had a similar form, whether it’s good or bad can be intuitively understood. Alysia returned the sword to it’s sheathe.

鞘から刀を抜いて、刀身をじっと見つめるナディア。いくら見た事がない形の武器とはいえども、それの良し悪し位は感覚的に理解できるのだろう。刀をアレイシアに返すと、

[That weapon is really good. It will definitely help Aria-chan.

「これ、凄くいいわ。絶対にアリアちゃんの助けになるでしょうね」

See, I told you so.

と、そう言った。

Then, Alysia talked to Nadia on the way to the waiting room where the broadcast of players convened. At that time, of course, three people and Nadia, have received oral support and are left alone.

その後、しばらくの間ナディアと話をしたアレイシアは、選手招集の放送と共に待合室へと向かって行った。その時は勿論、三人とナディア、オーラスの応援を受けたのは言わずもがなである。

After the opening ceremony Alysia had returned to the waiting room. All around her, men and women of high stature numbered around fifty. There were those who polished a large sword, some who meditated to make it easier to pull off magic, everyone spent time waiting in their own way.

闘技場の中央で開会式らしき物を行った後、アレイシアは待合室へと戻っていた。
 周りにいるのは、アレイシアよりも明らかに身長の高い男女丁度五十名。大剣を磨いている者や、魔力を引き出しやすくするために瞑想をする者など、それぞれが思い思いの方法で待ち時間を過ごしていた。

[Third group, finals were decided in a group of eight people!!]

『第三チーム、決勝進出はこの八人に決まりました!』

— Wow A~a~a~a~a! !

———ワアアァァァァ!!

— Pachi Pachipachipachi! !

 ———パチパチパチパチ!!

Wind magic broadcasted the cheers, as a break in applause echoed in the arena. The third group is done, the group Alysia is in, the the fourth group is up next.

風魔法の放送と歓声、割れる様な拍手が闘技場に響き渡る。第三チームが終了、つまりアレイシアの第四チームは次になるだろう。

[The next will be the fourth group. Group 4 players, please come in from the entrance gate!!]

『では、次は第四チームの試合になります。第四チーム選手の皆さん、入場門から入って来て下さい!!』

The moment that voice was heard everyone in the waiting room was overflowing and striving to be first.

その声が聞こえた次の瞬間、待合室の全員が我先にと闘技場へと溢れ出した。

The fourth group was waiting for the signal to start. Alysia also holding a sword, will now participate.

第四チームが出揃い、今は開始の合図を待つだけ。アレイシアも刀を構え、臨戦体制を取る。

[Fourth Group, Ready! Set……]

『第四チーム、出揃いました! では…………』

The anounncer held their breathe.

そこで息を吸い込む司会の男。

—-!

————

[GO!!]

『始めぇぇッ!!』

In response to his voice everyone was fidgeting.

その声を受け、その場の全員が前方へと駆け出した。

—Aria, good luck!!

———アリア、頑張って!!

Alysia, among the cheers of the crowd, felt that someone had said so.

アレイシアは会場の歓声の中、だれかがそう言ったのが聞こえた気がした。

Le Festin de Vampire

I’m going to start translating Le Festin de Vampire from where thatguywhosthere left off. I have personal obligations so releases may be slow. If you want the first 27 chapters go to: https://thatguywhosthere.wordpress.com/le-festin-de-vampire/

Original Web Novel: http://ncode.syosetu.com/n0560p/